金利とは?

一定期間お金を貸し借りするとき、貸し手に借り手側が支払う、年率換算したものが金利になります。

1年間100万円を借りたとします。

そのときに利息は2%だとします。

そうなると1年間お金を借りたら、100万円のお金を借入するときには、2万円の借り入れの値段が付くということになります。

何%という部分に注目をするとわかるように、その数字が大きくなるほどに、利息は高いということになっていきます。

利息を自分が支払う立場であるならば、その数字は低いほうがメリットであるのが理解できます。

逆に利息を受ける立場になるのであれば、利息は高いほうが有利です。

資産運用をしたり、お金を他者から借りたり、人間が生きていく上で、貯金や普段の生活、投資をするのにも、何かと関わってくる内容です。

関係ないのでは、と思うかもしれませんが、わかりやすいのは銀行預金でしょう。

将来に向けての預金で定期預金をはじめるときにも、預金の利息が発生します。

カードローンの利用や、住宅のローンなどもにも利息はあります。

お金を増やしたいと、株式投資をする時なども、配当利回りなどがあるのです。

無意識に過ごしてしまえば気がつかなくても、生活の中に利息は関わっています。

サブコンテンツ

このページの先頭へ