過払い請求とは?

過払い請求とは、消費者金融、クレジット会社、大手デパートカードなど、貸金業者が利息制限法に規定されている上限を超えた利息を取り続けていた場合に、払いすぎた利息の部分について返還して貰う為の請求のことを言います。

利息制限法では、総額10万円~100万円未満までの借金に対しての利息は18%を超えてはいけないとされています。

しかし、多くの貸金業者は、この法律に違反し、枠を超えた利息を債務者に請求し続けてきました。

その為、法律に違反した金利で計算されている利息、いわゆるグレーゾーン金利は過払い金として返還請求出来ることになります。

貸金業者などから法外に高い金利で計算した金額の支払いを要求され続けて来たことにより、払い過ぎた利息分を取り戻す為の請求手続きを、過払い返還請求手続きと言います。

これは裁判所が認めている、キャッシング利用した人の当然の権利なのです。

利息制限法に定められた金利よりも高い金利で請求された分の金額を返還して貰えたり、それまでに払いすぎた利息分を元本に充当することにより、残っている債務を減らすことが出来ます。

過払い金を返還してもらう為には、弁護士に相談して手続きを依頼する必要があります。

サブコンテンツ

このページの先頭へ