連帯保証人とは?

連帯保証とは主債務者と連帯して債務を負担する、主債務者と同じ義務を負うことになります。

保証人と違い催告の抗弁権、検索の抗弁権、分別の利益がありません。

そのため債権者にはまず主債務者に先に請求してくださいと言うことができず、債権者が主債務者に返済を求めたが返済しないからと連絡してきた場合には主債務者には財産があり弁済可能なのでまず主債務者に請求してくださいということも言えず、複数いる場合でも人数で割った分のみを弁済することができず一人ひとりが債務全額を保証する必要があります。

債権者は主債務者がどのような状況であっても、財産の保有状況などを調べることなく弁済することが可能な連帯保証人を選んで債務全額を請求することが可能になります。

ただし債権者は保証契約締結の際には主債務者の保証額や経済状況、返済見込みなどの重要事項を説明する義務があり、これらを怠って契約を締結した場合には契約は無効となります。

賃貸契約の場合の連帯保証は家賃のみの保証ではなく、不適切な使用方法によってできた破損個所の修繕費などの損害賠償請求や夜逃げした場合の後片付けなど本来契約者が支払うべきものすべてを保証することになります。

サブコンテンツ

このページの先頭へ