繰り上げ返済とは?

繰り上げ返済とは、住宅ローンなど長期間にわたる分割返済時における、当初契約内容である毎月の定額返済額やボーナス加算額とは別にまとまった資金をローン返済に充当する返済の事を指します。

この繰り上げにおいては、「一括繰上げ」「一部繰り上げ」との大別することができます。

一括繰上げは繰上げ時における借入残金全額を返済することを言い、一部繰り上げは、借入金残額の一部を返済することを指します。

この一部繰り上げにおける返済方法として「期間短縮型」「返済額圧縮型」の二種がありますので、一部繰り上げ実行時においては度の方式で返済するか選択する必要があります。

繰上げ返済は、通常は返済額全額が借入元金へ充当されることとなります。

期間短縮型は、繰上げ返済実施後においても毎月の返済額を変えない事で、返済期間を短縮するという方式になります。

一方、返済額圧縮型は、返済期間を変えないことで毎月の返済額を軽減するという方式になります。

一般に完済までの返済総額で考えると「期間短縮型」の方が返済総額は低く抑える事ができます。

また、繰上げ返済については、返済開始後早い段階である方が繰上げ返済効果(期間もしくは返済額の圧縮)が高く、早期に実施する事で大きなメリットを受けることができます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ