汎用カードとは?

日本国内でしか使えないというクレジットカードよりも、海外でも使えるクレジットカードの方が便利なのは言うまでもありません。

けれどもこれまでは、日本国内の企業が発行して、その店舗限定で利用可能というカードの方が多かったのです。

そのお店を何度も使うというのであればある程度は利用もしやすかったですが、たくさんのお店を利用している人だと使い勝手が悪いと感じてしまいます。

現在発行されているカードに関しては、VISAやMasterCardなどの国際ブランドと提携していることが多いので、使えるお店やサービスなども増えてきています。

これらは汎用カードと呼ばれていて、加盟店や種類が限定されていないので、使うカードを決めればそれをいろんなところで使っていくことができますので、その汎用性の高さが魅力と言えます。

これまで利用されていた、ある店舗限定でのカードは今ではほぼ見かけなくなってきています。

クレジットカードを新しく作ろうと思った時には、どの国際ブランドがいいのか、付帯サービスやカードそのもののグレードなども確認していきましょう。

じっくりと比較することでより自分自身に合ったクレジットカードを選んで使うことができます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ