有効期限とは?

クレジットカードには、必ず有効期限というものが存在します。

カードの表面に、月(MONTH)と年(YEAR)が記載されていて、記載された年号の当月まで使用できることを表しています。

ネットショッピングで買い物をする方は、購入画面にカード有効期限を記入する場所があるのでご存知の方も多いかと思われます。

有効期限切れのカードは使用できないため、カード更新が必要になります。

カードの期限が切れる前の月になると、カード会社から新しいカードが送られてくるので、わざわざカード会社に出向いたりする手間はほとんどありません。

しかし、カードをなくしてしまった場合には、カード再発行の手続きが必要となりますので、ただちにカードを作った銀行に足を運ばれるのが良いでしょう。

もし盗難や落としてしまった場合は、他人に使用される危険性もありますので、すぐにカードの使用を禁止する方が望ましいでしょう。

自分の過失でなくしてしまった時は、再発行に手数料が発生するケースもありますので、きちんとカード会社に確認しましょう。

うっかり期限の切れたカードを持ち歩かないように、新しいカードが届いたら裏面のサインパネルに署名して古いカードと入れ替えるようにしましょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ