家族カード(ファミリーカード)とは?

家族カードは、別名ファミリーカードとも呼ばれます。

本人カードに対する用語で、クレジットカードを申し込んだ本人に対して、その家族向けに発行されるカードのことを言います。

一般的に、クレジットカード会社は、そのカード作成を申し込んだ本人以外に、配偶者や子供に対してもカードを発行出来る仕組みを備えています。

多くのクレジットカード会社では、本人カード以外にその家族もカードを作成出来るようになっています。

クレジットカードの発行を申し込んだ人を本会員、その人の配偶者や子供などの家族を家族会員と言います。

その定義には範囲が定められていて、クレジットカードを申し込んだ本会員と生計を同一にする配偶者や両親、18歳以上の子供などが含まれます。

18歳未満の子供は含まれません。

家族用のカードは、年会費が本会員に比べて割安な値段に設定されており、本会員と同じ機能やサービスを利用することが可能です。

そのカードを用いて行われた買い物やサービス等にかかる支払は、本会員の口座からの引き落としで行われます。

なお、このシステムは、クレジットカードに限らず、ホテルやリゾートクラブ、スポーツクラブやインターネットのプロバイダーなどでも適用されています。

サブコンテンツ

このページの先頭へ