国際ブランドとは?

クレジットカードを選ぶ時に考えておきたい事は、どこのカード会社を選ぶかと言う事もありますが、ブランドはどこにするのかもよく考えてから選ぶようにしてみて下さい。

国際ブランドのものであれば世界中の加盟店で使えるので、カードが使える場所は多くなりますから、より利便性は増すと言えます。

国際的に通用するブランド、商標で主にVISA、MasterCard、AMEX、DinersClub、JCBの5つのブランドを指しています。

特に世界でも加盟店が多く、旅行の際でもカード決済がしやすく便利なのが前者の二つです。

国際的にも良く使われている分知名度も高い二大ブランドでもあります。

後者の三つに関しては多少加盟店などの差はあるものの、サポートなどが手厚いという点もありますので、どちらを選ぶのかは普段のショッピングの仕方などで決めればいいでしょう。

このように国際的なブランドとして認識され、実際に使われていくためには加盟店開拓能力があり、24時間各国問わずにいつでも使えるようなシステムの構築など、どこでも安心して使えるためのインフラが整っていることが条件です。

日本発のブランドとしては、唯一JCBが認識されています。

サブコンテンツ

このページの先頭へ