債務とは?

債務とは、ある者が相手方(債権者)に対して、一定の給付を行うことを義務づけたもののことを言います。

たとえば、債権者から借りたお金を債権者に返済する義務もこれに含まれます。

多重債務とは、既にある借金を返しきれなくて、その借金を返す為に他の金融機関からお金を借りる行為が重なり、利息の支払いがかさんだ結果、雪だるま式に増えて返せなくなった状態、何重にも借金を繰り返している状態のことを言います。

今や、簡単にお金が借りられる仕組みになってきていて、よく考慮せずに安易に借金をする人が増えています。

その為、結果的に1人当たりの借金の量も増えて来てしまい、それらの場合は、利息もかなりかさんでしまう為、時が経てば経つ程返済が難しい状況になってきます。

返済能力を超えた借金をしてしまうことにより、いわゆる首が回らない状況に陥る人が増えています。

この状況に陥ってしまうと、自分でどうにかすることはほとんど不可能で、弁護士を依頼して借金を減らす為に任意整理の手続きを行ったり、裁判所に自己破産手続きを依頼することになります。

このような事態になってしまう前に心理的ケアを行ったり、家計管理のアドバイスを行うなどの対処が求められます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ