信用情報機関とは?

クレジットカードや、カードローンなど最近CMなどで頻繁に流されていますが、こうした契約をするときには、必ず契約希望者は、過去に金融事故などが無いかなどの審査が入ります。

その審査によっては、契約ができない結果となってしまう事もあります。

その金融事故情報とは、過去にクレジット会社などへの支払いが3ヶ月できない場合や、代位弁済、債務整理などを行ったことがあるかなどの情報がその他の基本的な個人情報などとともに記されているデータの事です。

このデータは、信販系、消費者金融系、銀行系といった三つの系列に分れた組織がそれぞれあり、それらが信用情報機関と言います。

ですから、ローンやクレジットを契約するときは、その会社がそうした組織に信用照会を行い、この顧客はしっかりお金のやり取りをしているかという事を、審査するのです。

もし、自分の信用情報が気になる方は、それぞれの機関によって違いますが、郵送方式や電話、そして自分自身がそれぞれの機関に出向く事によって、照会情報を開示してくれます。

金融事故情報は、それぞれの金融会社、また、事故内容によりその情報が消える期間が変わってきます。

従って、過去にそうした事故を起こした方は、必ずチェックしておいた方が良いでしょう。

また、豆知識として、もちろん契約した情報も記載されますので、むやみにカードを作りすぎない方が良いでしょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ