任意整理とは?

個人の借金が高額になり、その返済が困難になると生活にも大きな影響がでてきます。

改善するために、今は個人再生という方法があります。

その中でも、住宅ローンを返済中の人が一番利用するのが任意整理になります。

この場合は、自己破産のように裁判所に申請をすることもなく話し合いで返済額の減額をしてもらいます。

その話し合いには、専門家の司法書士が行うために個人での話し合いはありません。

将来、返済すべき利息分のカットや毎月の返済を少なくすることで生活の立て直しができます。

返済期間も、3年また5年になるので計画の先を見ることができます。

また、毎月の返済額には司法書士にかかる費用も含まれいます。

何社も返済をしていたのが、1本化でき手間もかからなくなります。

そして、大切な家を残すことができます。

債務整理というと、全ての資産を整理するイメージがありますが大事なものは残すことができます。

これが、一番のメリットです。

住宅ローンが、あるから個人再生ができないと考える人が多くいますが、希望通りにできます。

また、同時に過払い金の調査も行い該当するときには請求もしていきます。

まずは、無料の相談で説明も受けることからスタートします。

サブコンテンツ

このページの先頭へ