ヤミ金(闇金融業者)とは?

ヤミ金とは、貸金業者を営むために必要な登録をしていない貸金業者のことをいいます。

また、登録はしていても出資法や利息制限法で定められている上限金利を超える法外な金利を要求する、違法な行為をしている貸金業者のことをいいます。

まず、ヤミ金融からの借金は、一切返済する必要がありません。

貸し付けすること自体が違法ですので、高い利息はもちろんのこと、借りた元金自体も一切返済をする必要がなくなります。

ヤミ金業者からの過酷な取立や恐怖心、また借金をした負い目から返済を続けてしまう場合が多く見られますが、たとえ、返済を続けていても借金は膨らみますし、さらに追い込まれていき精神的にも苦痛を味わうことになってしまいます。

暴力的な態度を取ったり、大声を上げたり、また、多人数で押し掛けたりなどは違法行為であり、他にも、勤務先への訪問や張り紙、落書きにおいても法律違反となります。

取立に関する嫌がらせにおいては、多くは刑事罰の対象として告訴することが可能であり、また、貸付そのものが刑事罰の対象となっています。

取立辞めさせることも可能ですし、返済をしてしまったお金に関しても取り戻せる可能性もあります。

万が一、そのような状態になった場合には、弁護士への依頼が必要となります。

弁護士は的確な処理と対応を行ってくれ、また、必要となれば刑事告訴も行います。

また、弁護士事務所の中には専門に対応している部署を持っている場合もあり、相談に応じてくれます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ