ブラック情報とは?

世の中には、通称ブラックリストと言われるブラック情報が本当にあります。

この情報は、クレジットカードやカードローンなどの支払い状況から個人の信用情報を割り出しています。

滞納や、未払いなどが多くあるとこの情報にマイナスとして掲載されます。

意外と、忘れがちなのが携帯電話の滞納や遅れもこちらに残ります。

カードローンやクレジットカードの審査をするときには、この信用情報が利用されています。

ここでの、情報がマイナスになるほどローンを組むことはできなくなります。

そして、銀行にもこの情報は把握されています。

将来、住宅ローンを組むときにはここが反対のホワイト情報なら問題ありません。

このように、普段意識をしない部分でも個人の信用情報は作られています。

返済を忘れたり滞納を続けるとクレジットカードも停止される可能性がでてきます。

一度、信用情報にマイナスと付く、自己破産や任意整理は5年間は消えることがありません。

これはクレジットカードやカードローンにおいての場合です。

銀行には、通常10年間と言われていますが半永久的に残るとされています。

カードローンや、クレジットカードを利用するのは悪いことではありません。

ただ、返済日にはキチンと返すことが大切です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ