ブラックリストとは?

クレジットカードを作ったりローンカードを組んだ場合には信用情報機関に登録されますが、ある一定期間返済が滞ってしまったり、自己破産を行った場合には事故情報として登録されます。

これを、通常ブラック情報といい、一般的には簡単にブラックリストと呼ばれています。

借入など、申込の段階で収入面などにネガティブな材料が無いにもかかわらず、審査に通らずカードが作れないような場合にはリストに載っている可能性が考えられます。

また、過去に3回以上の滞納があったり、長期延滞や債務整理の手続きを行った場合には、貸金業者からは信頼を著しく損ねる契約不履行内容として判断されており、リストに載っている状態となっています。

リストに載る場合には延滞や債務整理だけでなく、代位弁済による、連帯保証人からの弁済に切り替わってたとしても記載されてしまうので、注意が必要となります。

また、事故情報として登録されていなくても、審査が通らない場合があります。

それは、新規貸付の申込をすると、貸金業者は与信審査のために個人情報を閲覧しますが、その場合、その閲覧情報は新しい記録として登録された内容が表示されます。

この情報は6ヵ月間登録されることになっており、例えば1ヵ月以内に3つ以上など、複数のクレジットカードの申請をすると、借り回しとみなされ、審査が通らない場合があります。

通称、言われている申込ブラックと呼ばれるもので、これは一定期間情報は残りますが、事故情報とななりません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ