ネガティブリストとは?

ネガティブリストとは禁止されている対象を列挙していきます。

そしてそれ以外は許可するという方法で作成された一覧表のことをいいます。

クレジットカードを作ったりローンを組むときにも使われ一般的にはブラックリストと呼ばれています。

載っている情報は様々ですがクレジットカードを作成する場合ですと過去に借金の不払いがあったり支払いに遅延が生じていたり自己破産等の債務整理を行っていたりという情報があります。

その情報を参考にその人にクレジットカードを作らせても返済能力があるか信用できるかを判断します。

クレジットカードの未払そのものがなくても携帯電話の支払いが滞りが多くてものってしまうこともあるようです。

金融機関の場合は個人信用情報センターと呼ばれる個人信用情報機関が情報の収集・管理を行っています。

現在の日本では日本信用情報機構、CIC、全国銀行個人信用情報センターの3つが相互に確認できる仕組みになっています。

ネガティブ情報はマイナスの評価の情報ですがポジティブ情報というのもあります。

ホワイト情報とも呼ばれクレジットカード等の金融サービスをよく利用しているにも関わらず、支払い遅れ等の事故情報がない人達の情報がのっています。

サブコンテンツ

このページの先頭へ