クーリング・オフとは?

訪問販売に来た人から物を買ったり、または購入契約を交わしたり、電話での勧誘販売での商品購入を約束した後で、よくよく考えて見たら不必要だとわかった場合とか、購入しなければよかったと後悔した時などはその契約を解約することができるのです。

それをクーリング・オフと言います。

その契約を取りやめるには、期間の制限があります。

相手から契約書の書面を受け取ってから8日以内(マルチ商法は20日以内)であれば、書面によって解約ができるのです。

買った後に失敗したと思ったら期間内に手続きをとりましょう。

では、どのようにするのかと言いますと、書面を相手に送る日が、書面を受け取った日から8日以内であるのか確認をします。

送る時は、内容証明郵便か書留郵便で販売業者に解約することを通知するのです。

そして、購入した商品を相手に送り返すのですが、その時の費用は全て先方が負担することになっています。

(料金受取人払いで送るのです)現金で買った場合は契約書類や領収書を必ず取っておいてください。

解約をした場合には損害賠償金や違約金などを支払う必要はありません。

代金を支払っていた場合はもちろん全額返してもらえるのです。

この解約は全ての買い物にできるのではありません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ