クレジットカードとは?

クレジットカードは、商品など購入における支払方法の一つとなります。

支払方法としては、ポストペイ(いわゆる後払い)という支払いシステムとなります。

なお、「クレジット」とは、消費者の信用という意味を表しており、消費者(利用者)の信用力に基づき、クレジットカード会社が審査を行い、カードが発行されます。

消費者はこの信用力に応じて発行されたカードは、個人の信用力により貸出できる条件(有効期限や利用可能額)が異なってきます。

また、カード会社によりこの信用調査内容も異なり、また利用可能額や返済金利なども異なってきますし、返済方法などの設定・条件や年会費の有無など各カードによって異なってきます。

カードを利用することで現金の持ち歩く必要もなく、資金管理を一本化することもできる点が大きなメリットとなります。

しかしながら、購入時やサービス提供時における支払い段階でお金が不要な事から無意識のうちに、カード利用額が多くなってしまう場合もあり、社会問題として債務超過や多重債務などの問題が生じていることも事実であります。

カードの利用においては、利用明細等を確認するなど利用者側での自己管理を十分に配慮しておくことも大切な要素となっています。

また、カード利用時における返済方法も、一括払い、分割払い、ボーナス払い、リボ払い(定額払い)とさまざま返済方法があり、カード利用時には十分に検討しておく必要があります。

サブコンテンツ

このページの先頭へ