キャッシングとは?

キャッシングとは、消費者金融もしくはクレジットカードからお金を借りることで、契約成立となれば利用可能額の範囲でATM、CDからお金を引き出すことができます。

ローンであっても銀行のカードローンは通常このような呼び方はされません。

カードキャッシングは、クレジットカードの付帯サービスであるキャッシングサービスを指す場合と消費者金融のカードによる融資を指す場合の2通りの意味があります。

クレジットカードの付帯サービスである融資の場合、融資額はクレジットカード会社によって異なりますが、会社によって1千円~300万円の範囲だったり、10万円 / 30万円 / 50万円というように設定されています。

この範囲額や設定額の利用可能枠内で利用可能であり、この利用可能枠内をキャッシング枠と呼ぶこともあります。

クレジットカードの融資の場合、返済はリボルビング払い(毎月一定の元利定額返済)と一括払いが選択できます。

リボルビング払いは、利用残高に応じて毎月一定額を支払います。

消費者金融の場合は利用可能枠が1千円~500万円、10万円 / 50万円 / 100万円 / 200万円というように設定されていますが、返済方法は分割払いのシステムで示されます。

返済は長くて50回~60回払いが通常であり、勿論1回払い、2回払いも可能です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ