ショッピング枠現金化用語集で簡単に現金化の豆知識を!

ショッピング枠の現金化にはクレジットカードは必須です!また、安心して、安全優良な現金化業者を探すためにはクレジットカードの知識を持っておけば鬼に金棒!

クレジットカードのショッピング枠を上手に使って賢く現金化しましょう!

ショッピング枠現金化についてのクレジットカード用語について。

ここに掲載している用語はクレジットカードの用語の中でも特に皆さんに関係する項目だけをピックアップしています。必要の無いことまで覚えることは無いですし、何より業者が知っていなければならないものを一般の方は理解しなくても大丈夫です。

なので、ここに記載されている項目で知らないものがあれば一度目を通して置いて損は無いでしょう。どういうわけか、当サイトではブラックリストブラック情報が人気の項目です。みなさん、気になりますか?

あ行

一般カード
クレジットカード会社がありますので、カード選びをしていく時には慎重にならなくてはいけません。ゴールドカードなどのグレードの高いカードにするかです。会社によってはカードから使っていく事でグレードを上げたりしないといけないこともあります。
異動情報
引き落とし日に支払いが出来ずに延滞になってしまう事もあります。返済日から延滞があった場合や三か月以上の支払い延滞があった場合にこの文言が登録されますので、クレジットカードを持っている人は支払日には気をつけるようにしましょう。
延滞
意味としては、ローンの返済日として決められている日に返済されない状態が長く続いたり、引き落とし日として定められている日に、引き落とし口座の残高不足の為に引き落としが状態が長く続いていたり、支払日や納入日に支払いが行われない状態が長く続いている状態を言います。
おまとめローン
グレーゾーン金利で返済を行って場合、引き直し計算により、過払い金を払い戻す請求が出来るのですが、まとめてしまう場合は、グレーゾーン金利で借金を支払ってしまう為、借金の減額や過払い請求が出来なくなります。
オイルカード
現金の持ち合わせが無くてもガソリンを給油することが出来ます。代金は、あらかじめ設定しておいた引き落とし口座から1月毎に引き落としされます。ポイントが貯まると、キャッシュバックの特典が好みの品物に交換することが出来ます。
オーソリゼーション(オーソリ)
カード加盟店がクレジットカード会社に対して、カード利用者の与信照会などの信用確認を行うことをさします。カート利用者がクレジットカードを使用して商品の購入やサービスを利用する際に、加盟店がカードの有効性に関してカード会社に確認することをいいます。

か行

カードローン
クレジットカードには、キャッシングサービスがありますが、これとは別に、サービスとして会員向けに扱う内容があります。返済には、リボルビング払いの機能をつけることが可能です。限度額内でATMなどを使い借り入れが可能です。
家族カード(ファミリーカード)
一般的に、クレジットカード会社は、そのカード作成を申し込んだ本人以外に、配偶者や子供に対してもカードを発行出来る仕組みを備えています。発行を申し込んだ人を本会員、その人の配偶者や子供などの家族を家族会員と言います。18歳未満の子供は含まれません。
過払い請求
過払い請求とは、消費者金融、クレジット会社、大手デパートカードなど、貸金業者が利息制限法に規定されている上限を超えた利息を取り続けて場合に、部分について返還して貰う為の請求のことを言います。
完済
支払い状況や、様々な情報は記録されているのです。利息なども減りますので、その分金額的にも楽になってくるので、今後のことを考えると、と支払いは行うようにして未払い等が続いたりしないように心掛けて早めの返済を済ませるようにしましょう。
キャッシュバックカード
クレジットカードの利用の際には、様々な付帯サービスがありましたが、近年はキャッシュバックに関しても注目されています。クレジットカードを持ちたいと検討しているのであれば、まずはキャッシュバック率が良いかどうかも調べておきましょう。
キャッシング
付帯サービスであるキャッシングサービスを指す場合と消費者金融のカードによる融資を指す場合の2通りの意味があります。返済はリボルビング払い(毎月一定の元利定額返済)と一括払いが選択できます。
強制執行
強制執行とは、支払い督促が時に相手方が支払いに応じない場合に、持っている財産等を差し押さえすることを言います。差し押さえが出来るのは、動産、債権です。ただし、退職した場合はこの限りではありません。
金利
一定期間お金を貸し借りするとき、貸し手に借り手側が支払う、年率換算したものが金利になります。わかりやすいのは銀行預金でしょう。無意識に過ごしてしまえば気がつかなくても、生活の中に利息は関わっています。
繰り上げ返済
ボーナス加算額とは資金をローン返済に充当する返済の事を指します。この繰り上げにおいては、「一括繰上げ」「一部繰り上げ」との大別することができます。一括繰上げは繰上げ時における借入残金全額を返済することを言い、一部繰り上げは、一部を返済することを指します。
クレジットカード
カード会社によりこの信用調査内容も異なり、また利用可能額や返済金利なども異なってきますし、返済方法などの設定・条件や年会費の有無など各カードによって異なってきます。カード利用時における返済方法も、一括払い、分割払い、ボーナス払い、リボ払い(定額払い)とさまざま返済方法があります。
クーリング・オフ
8日以内(マルチ商法は20日以内)であれば、書面によって解約ができるのです。では、どのようにするのかと言いますと、書面を相手に送る日が、書面を受け取った日から8日以内であるのか確認をします。違約金などを支払う必要はありません。
源泉徴収票
源泉徴収税額と毎月納めてきた所得税との間に誤差がある場合は、還付もしくは追加の支払いを行うことになります。審査などで年収を申請することがありますが、給与総額(税込み年収)と手取り金額(税抜き年収)が記載されて給与総額を申請すれば問題ありません。
国際ブランド
国際的にも良く使われている分知名度も高い日本の有名なブランドは、商標で主にVISA、MasterCard、AMEX、DinersClub、JCBの5つのブランドを指しています。
国民生活センター
消費者が商品を購入したり、サービスを受けることによって、生活が成り立っています。全国各地にある消費者センター、消費生活センターと、そして国のセンターとは、統一されたネットワークで結ばれていて、同じ情報を共有しており、時にはトラブルの仲介にあたります。

さ行

債権
債権とは、代金を支払ってもらう、お金を返してもらう、というように特定人が特定人(債務者)の一定の行為(給付)を請求する権利のことを言います。債務者側の落ち度によっては債務不履行に陥ったかどうか、具体的な損害が出たのかどうかといったことは不問にされることがあります。
在籍確認
クレジットカード等に申し込む際には会社で在籍確認が必要です。現在では保護が以前より大事とされていますので、なかなか会社に個人あてで電話がかかってくることはありません。ないかと不審がられてしまうかと思うかもしれません。
債務
債務とは、借金を返しきれなくて、為に金融機関からお金を借りる行為であり、利息の支払いがかさんだ結果、雪だるま式に増えて返せなくなった状態、何重にも借金を繰り返している状態のことを多重債務と言います。
債務不履行
債務者が債務を履行しなかった場合、この債務を履行しなかったことを債務不履行といいます。債務者が債務を履行すべき時期に債務を履行できるにもかかわらず、それを場合のことを指します。その履行が不完全であったという不履行を指します。
自己破産
自己破産は、借入などにより任意整理をしようにも、分配するための資金がない場合の、最後の手段として行われる債務整理の方法です。裁判所に申立てを破産宣告が受理され、その後、免責の申立てをして、免責の許可を借金が免除されます。会社を解雇されることもありません。
収入証明書
所得証明書と呼ばれることもありますが、基本的にどちらも全く同じものをさしています。源泉徴収書で所得を証明できるので、使われる頻度が多いのです。納税証明書が税務署でもらうことができますし、確定申告書の控えも証明書として有効です。
消費者金融
消費者金融とは、消費者が個人で尚且つ無担保で借りられるお金を貸す業者のことを差します。消費者ローンとも呼ばれていて、用途に応じてローンを組んで借りることも出来ます。
ショッピングローン
クレジットカードなどを持ってい人でも利用することができる決済方法で、主に信販会社が取り扱っている金融サービスです。場合はその後毎月定められた日に、金額を返済していく必要があります。
審査
クレジットカード取得の審査に合格するためには、ブラックリスト扱いにならないようにすることです。そのような履歴は新しい支払い実績を作らないと、古い履歴が消失されません。回避するためには、新たな支払いをすることで履歴を消すことしか方法はありません。
信販会社
クレジットに依らない分割払いを取り扱うために、経済産業省に登録している業者のことを信販会社と言います。サービスを販売した店舗に対して、消費者の代わりに代金を支払います。
信用情報機関
自分の信用情報が気になる方は、それぞれの機関によって違いますが、郵送方式や電話、そして自分自身がそれぞれの機関に出向く事によって、照会情報を開示してくれます。また、豆知識として、もちろんローンやクレジットを契約した情報も記載されます。

な行

任意整理
借金が高額になり、その返済が困難になると生活にも大きな影響がでてきます。その中でも、住宅ローンを返済中の人が一番利用するのが任意整理になります。その話し合いには、専門家の司法書士が行うために話し合いはありません。
ネガティブリスト
一般的にはブラックリストと呼ばれています。情報は様々ですがクレジットカードを作成する場合ですと過去に借金の不払いがあったり支払いに遅延が生じていたり債務整理を行っていたりという情報があります。支払いが滞りが多くてものってしまうことも要因になります。
年利
利子の支払期間を1年単位とする場合の、元本(基準金額)に対する利子の割合のこと。残債方式で計算された実質金利の方が、支払うべき利息は低くなることが分かります。
ノンバンク
必然的に貸し出し金利は銀行より高くなっていま消費者金融では審査もゆるく手軽に借り入れする事が可能で影響もあり気軽なイメージですが、実際は返済期間の問題や利用者には注意が必要です。

は行

汎用カード
加盟店や種類が限定されていないので、使うカードを決めればそれをところで使っていくことができますので、その汎用性の高さが魅力と言えます。店舗限定でのカードは今ではほぼ見かけなくなってきています。
ブラックリスト
延滞や債務整理だけでなく、代位弁済による、連帯保証人からの弁済に切り替わってたとしても記載されてしまうので注意が必要となります。
ブラック情報
世の中には、通称ブラックリストと言われるブラック情報が本当にあります。住宅ローンを組むときにはホワイト情報なら問題ありません。この情報は5年間は消えることがありません。
プロパーカード
特定の企業で割引サービスが受けられるカードもありますが、誤解されやすいのですが、プロパークレジットカードは「年会費の安いカード」という意味ではありません。要チェックです!
法人カード
法人カードは会社で用いられるクレジットカードのことで、コーポレートカードとも呼ばれることがあります。このカードは従業員が多い企業を発行されるもので、営業活動に必要な経費決済をすることがメインとなっています。
ボーナス一括払い
ボーナス払いはボーナス時期まで支払いが行われず、その時期になると引き落としになる方法です。支払いをボーナス時まで延ばせますので、すぐに引き落としがされないし、手持ちのお金が口座から減ることもありません。

ま行

名義貸し
名義を貸す行為は、その名前で行われる行為を自分で認めるつもりでなければ、自分にとっても貸した相手にもいい結果にはなりません。それどころか法律を厳密に解釈すれば借名口座といって、違法行為になります。

や行

ヤミ金(闇金融業者)
登録はしていても出資法や利息制限法で定められている上限金利を超える法外な金利を要求する、違法な行為をしている貸金業者のことをいいます。貸し付けすること自体が違法ですので、借りた元金自体も一切返済をする必要がなくなります。
有効期限
クレジットカードには、有効期限というものが存在します。ネットショッピングなどの購入画面にカード有効期限を記入する場所があるので方も多いかと思われます。期限が切れる前の月になると、カード会社から新しいカードが送られてくることがほとんどです。
融資
資金を融通すること。つまりお金を必要とする者に貸すこと。今では宣伝のタレントに好印象を持つレベルで年齢層も幅広く借り入れができるようになっていますし、即日融資という言葉も、聞くようになってきました。

ら行

利息
利息は、貸したお金であったり、借りたお金に費用のことを指します。ほかにも、1日あたりの日歩を表すこともありますし、ひと月あたりの月利を示す場合もあります。日歩というのは、年利を365日で割ったものです。
リボ払い
特典は様々ありますが、リボ払いには、さまざまなメリット・デメリットがあります。リボルビング払いでも、初回と、2回目までであれば、手数料無料という支払いをしている会社もあります。
流通系カード
日常の買い物の機会が多い主婦などによく利用されているのが、流通系のクレジットカードには年会費が無料であるものが多いことや、審査が比較的通りやすくて発行しやすいというメリットもあります。
利用限度額
クレジットカードを利用するにあたり知っておきたいのは、利用限度額が設定されているということです。この限度額ですが、個人によっても異なります。この評点により、利用ができる金が気には差が出てきます。
連帯保証人
連帯保証とは主債務者と連帯して債務を負担する、主債務者と同じ義務を負うことになります。連帯保証は家賃のみの保証ではなく、本来契約者が支払うべきものすべてを保証することになります。
サブコンテンツ

このページの先頭へ