ショッピング枠現金化なら専業主婦でも急にお金が必要な時も安心!

ショッピング枠現金化やクレジットカード現金化を内緒で活用

クレジットカードのショッピング枠現金化を利用したいという場合、家族にも内緒でこのサービスを使いたいという人もいるはずです。たとえば専業主婦の方がクレジットカードを使って現金化を目指す場合には、夫などに秘密にしておきたいケースも多いはずです。

そして、クレジットカードのショッピング枠現金化サービスを提供する事業者はこのような場合にも安心できる相手です。身分証明証などの提示は求められますが、家に電話で確認をおこなうなどというような場合はありませんから、家族に知られることもありません。

クレジットカード会社からの請求は来ますので、その明細書類などを見られないようにすることは重要ですが、その点さえ自分で気をつけていれば問題なく現金を入手することができます。家族に知られたくない入用もあるはずですから、専業主婦の方々もクレジットカードのショッピング枠現金化サービスは活用しておくべきです。

ショッピング枠現金化は主婦の方々の利用も多い

クレジットカードのショッピング枠現金化をおこなう方は国内に多数います。そして、その半分以上が女性の利用なのです。具体的にはクレジットカードのショッピング枠現金化を利用する70パーセント以上の方が女性なのです。

その中には主婦の方々もたくさんいますので、同じように専業主婦の立場においてお金が必要な事態に直面しているのであれば、今すぐにでもクレジットカードのショッピング枠現金化サービスを使いましょう。

クレジットカードさえあれば、収入のない専業主婦であっても現金化をおこなうことはできるのです。専業主婦だから何もできないと考えてしまっているのであれば、それは大きな誤解なのです。

専業主婦歓迎をうたう業者は多数ある

クレジットカード現金化をおこなう業者は多数ありますが、その中には専業主婦歓迎をうたっている会社もたくさんあります。実際、70パーセント程度の方が女性であり、その中には専業主婦がたくさんいることからもわかるように、業者にとっては相手が専業主婦であっても全く問題がないのです。

クレジットカードを持っている時点でそのショッピング枠の範囲内で現金を手に入れることができるのです。夫に言えないようなお金もあるとは思いますが秘密厳守も当然ですから、まずはクレジットカードのショッピング枠現金化サービスを提供している業者を信頼した上で、必要なお金を手に入れるようにしてください。

実は専業主婦の自由に使えるお金は少ない?

専業主婦と聞くとそれだけで勝ち組だと羨ましがられることが多い様子ですが、実情は様々。夫の収入や職業、夫婦の関係や立場なので変わってくるようです。

夫の希望で専業主婦にならざるを得ない場合も結構多いみたいです。また、お子さんがいる家庭の場合は子供が小さい頃は付きっきりですから自然と専業主婦になってしまいます。

経済的な理由とは

夫の収入が多ければ主婦の使える枠も増えますが、収入が少ない場合は収入のほとんどは生活費にまわされてしまいお小遣いどころではありません。

なら専業主婦をやめて働きに出ろという意見が多いのですが、小さなお子さんを抱えている家庭や両親の介護がある場合は働きに出ることもままなりません。

そもそも専業主婦はに丸一日何もしないでいられる休日がありません。そうなると空いてる時間を使って内職などという方法もありますが、実際には空いてる時間も少ない方が多い様子です。

夫婦関係などによる理由とは

こちらの要因はその家庭のお財布を誰が握っているかという部分。夫が管理している場合は自由に使えるお小遣いをもらう事は難しいようです。

例え夫の収入が多くても、夫婦の関係が破綻していたり上手くいっていなかったり、または夫の経済観念によっても家計の苦しい状況に陥ることもしばしば。

つまり勝ち組と称される裕福な専業主婦はごく一部であり、ほとんどの専業主婦はお金の工面には意外にも困っているという現状が見えてきます。

これがクレジットカードのショッピング枠現金化の利用者に専業主婦が多い理由なのです。

緊急でお金が必要になる場合がある?

ショッピング枠の現金化が評価を得ている部分に「緊急でお金が必要になった時」に対応できるということが挙げられます。

通常の生活リズムと異なる事態が突然起きることはよくあるわけで、むしろその突発的な事態も含めて日常と呼ぶべきなのかもしれません。

そんな緊急事態の場合にも対応できるクレジットカードを使ったショッピング枠現金化が手軽で安心と評価されています。

緊急な出費ってなに?

緊急事態と書いてしまうとさも大変な事態を想像してしまいますが、そんな現実離れした事ではありません。

例えば冠婚葬祭、これは結構な出費が伴います。身内で比較的近い間柄の場合は家庭全体のお金から捻出することも可能ですが、友人の結婚式などは理由としてはちょっと弱くなってしまいます。

家庭のお金から出すとなっても、美容院にいくお金や必要な服やバッグを買うという出費がでてきたりと結構いろいろとでてくるものなのです。

また子供が怪我をした場合や家族の誰かが事故にあったという場合も。こちらは本当に緊急ですが、ちゃんと保険などに入っていても保険金が下りるまでの空白の期間は自分でなんとかしないといけません。

このように緊急事態はいつでも起こり得る身近な出来事なのです。決して他人事ではないことが良くわかります。

緊急事態に対応できるクレジットカードショッピング枠現金化

そもそもクレジットカード自体が現金を必要としないシステムです。手持ちのお金が無い時には大変助かる一面も持ち合わせています。

しかしこれだけクレジットカードが普及した現代においても、まだ使えない店舗や事柄は多く残っています。

緊急の買い物やインターネットでの決済は、ほとんどの場合クレジットカードでも対応ができますが、現金を用意する必要がある場合も多々あります。

先ほども例に挙げた冠婚葬祭で包むお金はクレジットカード決済できるものではありません。必ず現金である必要があります。

病気や怪我に関連する出費も、その時にかかった病院次第になってしまいます。大きな総合病院ならばクレジットカード決済にも対応できていますが、個人の小さな町医者サイズではまだまだ対応しきれていないのが現実です。

他にも思いつくところでは、親戚の子供達に渡すお年玉。まさかお年玉まで「カード払いで」というわけにはいきません。

親戚の子供の数は予め把握しているとは思うのですが、思いがけないところに伏兵が潜んでいることも。普段は見かけない親戚が突然現れたり、久しぶりの友人に会ってみると子供ができていたなんて場合もあります。

更にその金額は子供の年齢によって変わってきます。また平均額も年々上がっているので自分の子供の頃とは違うという認識が抜けていると痛い目をみることになりがちです。

そんな緊急事態に備えるという意味でも「クレジットカードのショッピング枠現金化」の方法は知っておいて損のない情報のひとつです。

カードローンと比較してもお得

お持ちのクレジットカードにはだいたいの場合、カードローンできる枠がついています。つまり現金を借りることもできるんですね。

しかしその利率はショッピング利用したときとは異なってきます。当然ショッピング枠のほうが安く、カードローンは高く設定されているのです。

どちらを利用しても即日に現金を手にすることができのですが、トータルの返済額を考えた場合にショッピング枠を利用した方が安上がりになるという仕組みです。

様々な理由により苦しい家計のなかでのお金のやりくりです。なるべく安く出費を抑えたいという専業主婦の希望に応えることができるのが「クレジットカードのショッピング枠現金化」という手法です。

目から鱗の仕組みですが、どうしても現金が必要になった時のための選択肢としては単純に借りるよりもメリットが大きいのです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ