ショッピング枠現金化はブラックリスト掲載者でも問題ナシで利用できる!

事故情報があってもショッピング枠現金化やクレジットカード現金化は安心

クレジットカードやカードローン、キャッシングなど、お金を借りるには様々な方法がありますが、その返済が滞ってしまうと、新規にクレジットカードなどを申し込もうと思っても審査で落とされてしまい、発行を断られてしまうことがあります。個人の信用情報は専門の機関が集約して持っていますので、ここに照会することで自己情報などは全てがバレてしまうのです。

しかし、このような事故情報があっても、ショッピング枠現金化やクレジットカード現金化の場合には安心です。業者に持ち込む自分名義のクレジットカードがあり、そのクレジットカードのショッピング枠があり、利用できる状態になっていれば問題なくお金を手に入れることができるのです。

ショッピング枠現金化やクレジットカード現金化は融資ではなく、あくまでもクレジットカードのショッピング枠を使用した買い物なので、本人が他社で事故を起こしていても問題はないのです。

ショッピング枠現金化なら信用情報が傷んでいても安心

返済が滞っていたり、債務整理などをおこなう場合、個人の信用情報は傷つきます。俗にブラックリストなどとも呼ばれますが、こうした情報が傷ついている状態であっても、使用するクレジットカードの返済がきちんとおこなわれていればショッピング枠現金化やクレジットカード現金化は可能です。

使用するクレジットカードも含めて任意整理などをしているのであればさすがにもうそのカードは使えませんが、そのクレジットカードは含めていないのであれば、ショッピングをおこなうことは可能となりますので、ショッピング枠現金化やクレジットカード現金化をおこなうことができてしまうのです。

情報が傷ついたとしても安心しておきましょう。

ブラックでも大丈夫!という安心感がありがたい

ブラックになってしまうとどこもお金を貸してくれなくなるケースがほとんどです。金融会社同士がつながっていますので、新規にローンを組んだりすることはほぼ不可能です。

しかし、そんなときだからこそお金が必要になれば困ってしまいます。その点、ショッピング枠現金化やクレジットカード現金化は「ブラックでも大丈夫!」とうたっている業者も多数ありますので、強い味方になってくれます。

いざとなればお金を入手する方法があるというだけでも大きな安心感を抱くことができるはずですから、このような形で現金を気軽に手に入れることができるという事実を覚えておき、いざというときには味方になってもらいましょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ