ショッピング枠現金化の還元率に関して知るべきポイント

ショッピング枠現金化やクレジットカード現金化のポイント

現金が必要になってクレジットカードのショッピング枠現金化をおこなうのであれば、そのサービスを受ける事業者をどこにするのかは重要ですが、そもそもクレジットカードのショッピング枠現金化とは、クレジットカードのショッピング枠の範囲内において買い物をした形で何かしらの商品を購入します。

その上で、業者からキャッシュバック特典などの形でお金が自分の手元に戻ってくるのです。つまり、カードを使って通常の買い物をした上で、特典としてお金が戻されますので、一般的な買い物をしたことと何ら変わらないのです。

そして、ショッピング枠現金化をおこなっている業者からお金を借りるわけではなく、あくまでもクレジットカードを使った決済なので、審査なども通常の金融会社などにありがちな厳格なものはありません。そういう意味でも使いやすいサービスと言えますので、これまでに多くの方が利用しているサービスとなっているのです。

ショッピング枠現金化のメリットやデメリット

クレジットカードを使ってショッピング枠を現金化する行為にはメリットがあります。クレジットカードにはショッピング枠とキャッシング枠があり、キャッシング枠ではATMなどから現金を借り受けることができますが、これには上限がありますので、枠を使い切ってしまえば返済をしないと新たには借りられません。

しかし、ショッキング枠はあくまでも買い物しかできないので現金は手に入りません。そのため、現金がどうしても必要なときには困るのですが、クレジットカードのショッピング枠現金化サービスを使えば現金が手に入ります。気軽に現金が手に入るのがこのサービスのメリットです。

対してデメリットとしては、手数料が取られるということです。還元率によって手数料は異なりますが、およそ1割程度を手数料として取られます。しかし、言い方を変えればたったそれだけの金額で手軽にお金が手に入りますので、これをデメリットと呼ぶかどうかは微妙なところです。

還元率が高いクレカの現金化はとにかく便利

クレジットカードのショッピング枠現金化サービスにおける還元率はおよそ85パーセントから90パーセント前後となっています。10万円の買い物をした場合には89000円から90000円が現金になって戻ってくるという計算です。

急いでお金が必要な場合に、このような形でお金が手に入るわけですから、どうしてもお金が必要な場合には利用を考えていくべきと言えます。クレジットカードをすでに持っていればその枠内で買い物をおこなうだけですから、面倒な審査などもないので安心です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ